ミネラルウォーター

日本の厳しい品質検査をクリアしています。

日本のミネラルウォーターのほとんどが、加熱殺菌されています。

 

 

85度以上で30分間以上加熱するか、それと同等の熱量を加えることを加熱殺菌と言います。

 

 

この加熱殺菌をすることによって、安全面は確かなものになります。

 

 

しかしながら、完璧な殺菌は難しいのが現実です。

 

 

微量ではありますが水の中の酸素や炭素ガスが失われてしまい、ミネラル分が減少して、変質する可能性があるのです。

 

 

ハワイウォーターは、非加熱殺菌です。

 

 

アメリカでは、最もポピュラーな方法です。

 

 

逆浸透膜を通し、オゾン殺菌や紫外線殺菌の工程を行った水なのです。

 

 

非加熱なので、水の美味しさが維持されるのですよ。

 

 

しかしながら、この方法を行うためには設備投資が必要になるため、日本ではなかなか用いることが出来ないのです。

 

 
inserted by FC2 system